FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

遙かなる時空の中で6 ダウンロードノベルの読み方

公式サイトには文字でしか書かれてなかったため、作りました。
完全自分用。

まず遙か6ソフトを起動させます。
2015-04-27-001551.jpg
「つづきから」を選び、適当なセーブポイントをロードします。

2015-09-23-122225.jpg
BGMに左右されたくないので私はこの画面でいつも読みます。
気になる方は機能から音量をオフにするといいと思います。

2015-09-23-122228.jpg
この画面で「機能」の中にある「攻略ガイド」を選びます。

2015-09-23-122241.jpg
ダウンロードノベルはこちらに追加されます。
ここから選択するとノベルが始まります。

小説の画面ではスクショ撮れませんでした(´・ω・`)
「配信イベントはおまけから御覧ください」って書いてあるのにおまけに追加されない不思議…
これは配信イベント扱いではないらしいw

おすすめのセーブポイントなどあれば教えていただけると嬉しいです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遙か6プレイ中!

遙か6メインキャラはすべてクリアしました。
以前虎のルート中にしか書いてなかったので簡単に感想など。
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遙か6プレイ中!

さて、久しぶりに遙か6のネタバレを含めたプレイ日記を書こうと思います。
やっぱり戦闘メインになるかも。
というわけで、おっけーな方はどうぞ!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遙かなる時空の中で6 プレイ中!!

というわけで。
タイトル通りネタバレ全開でお送りします。
画像を貼り付けているのでそれでもOKな方はどうぞ!

見たくない方もいると思うので折りたたんでおきますね~
これを開けたらネタバレのクレームは受け付けませんのでご注意!
-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0
go page top

AS天音学園終わりましたー

久しぶりにガッツリゲームをしたのでガッツリ感想を書いていきたいと思います。
攻略ではないです。
ネタバレ全開でお送りしていますので、嫌いな人は回れ右で。
函館天音の感想も書いてあるので、特に!
トーノは完全ネタバレなんでやってない人は見ないほうがいいです!!
99%面白さがなくなりますから!!!!



















まず、冥加。
珠玉は王道ですね。
過去のことは忘れているのは前編共通でした。
理事長として忙しい冥加の補佐を強制的にやらせられたりとか。
御影さん、こっち側の人かと思ったら全然違うんですよ。
やっぱりアリョーシャが大事なんですね…!
膝をついたところはなんていうか…
冥加おとなになったな…!と思いました。
あれだけ駒は捨ててくみたいなことを言っておきながら、アンサンブルメンバーのためにアリョーシャに屈したんですよ。
あそこは感動です。

逆注目はなんていうか、とりあえず糖度が高いw
記憶喪失の下りとかまさに。
てか、途中で記憶が戻るんですけど戻るのが早すぎてww
あと、完全に「戻ってるだろ!!!!!!!!!!!」と思えるような発言が多くてですね。
それに、というわけではないと思うのですが、記憶喪失になった自分がかつてのかなでと同じ状態になったことで、自分のことを思い出してほしいと必死になるかなでが可愛すぎるのか、遊びまくられました。
ほんっとにこいつは…
と思いましたが、冥加はやっぱりかなでにとらわれ続けていたんですね。
可愛さ余って憎さ百倍というか。

両方のルート通じて冥加はツンデレでしたね。
個人的には珠玉のほうが好きかなぁ。


次天宮。
珠玉はべったりなルートでした。
なにもしなくてもガンガン親密度が上がるので特に苦労しなかったんですよね…
うーん…
常にべったりだったなーくらいしか思い出がありません。
あれ…?
あ。
でも、函館に行っちゃうの!?みたいなときはドキッとしました。
まさかの遠距離恋愛!?と思いましたが、コルダ3本編の時と同様戻ってきてくれましたからねー
心配させやがってこいつ!!!

逆注目は、憂いを帯びたかなでもすてきだね、みたいな感じでした。
バラの刺で手を切るんですけど、あそこが色っぽかったですね~
絶対意地悪してるんだろうなと思いました。
ニアに言われて鉄の心で対応した結果の、ブーケにはもう、感極まりそうでした。
いやー…
天宮ズルい!!!!!
逆注目のほうがちょっとハラハラドキドキ出来たので好きですね~

次氷渡くん。
なんといっても、普通の人。
努力家で見た目とは裏腹にとっても優しい人。
なにか過去に嫌なことがあったのか、ちょっと荒れていて心が荒んでいるけどすごく音楽を愛している人だなーと思いました。
あと、冥加信者1号。
冥加のコンサートのチケットをとった時の喜びとか普通に私達と同じレベルで喜んでいて親近感ですよ。
なんて可愛い人なんですかこいつ。
3本編ではかなでを廃屋に閉じ込めてあろうことが死なせる勢いで病んでいましたが、その設定どこいったしw
アンサンブルメンバーから外された時にその片鱗を見せましたが、チェロを弾き続けることで冥加の心を動かすとかねー
ほんとに。
普通の人だなって思いました。
ほんと優しい人です。
ASシリーズで見方が変わったキャラのひとり。
残念なのは、せっかくのチェロなのにマエストロフィールドがなかったこと。
作ってあげてコーエーさん!!!!

次七海。
珠玉・逆注目ともに先輩を好きになったがゆえの背伸び。
珠玉はアリョーシャに、逆注目は土岐さんに、という感じで方向性は違うのですが、どっちも「先輩と釣り合う男になりたい」というささやかな願いがきっかけでした。
珠玉で、マエストロフィールドの種をアリョーシャに返すところは、男をあげた瞬間でしたね~
目つきが違うよ!!
七海のかっこよさがキラリと光っていました。

逆注目の方は土岐さんにいろいろ手伝ってもらったけれど、うまく行かず…でも、背伸びじゃなくて等身大のままでちょっとずつ近づいていこうとする七海がとても可愛かったです。
自分の魅力に気づいてないよ、七海!!!!

次響也。
本命。
始める前までほんっとに絶望しかなかった。
珠玉は幼なじみから恋人になる王道なシナリオ。
アリョーシャにマエストロフィールドの種を取られてしまってからの響也を見るのがとてもつらかったです。
ですが、かなでの頑張る姿を見て立ち直り、新しいマエストロフィールドを手に入れた時に響也がとても大人びていて、こんな人だったっけ…?と思いました。
かなでは幼なじみのままの距離だったのですが、観覧車の上でキスされるとろこは王道過ぎてむしろおいしかったですね。
ああいうのいいですね。

逆注目はなんていうか、ほんとにバカップル。
好きな気持ちを素直に言えなくて「ばかっ!」とか言いながら真っ赤になるところなんか、まさに青春。
ああ、高校生だなーという等身大な恋愛でした。
とにかく可愛い!!!!
ちょっとずつかなでが変わっていくことにためらいを覚えつつも変わっていかなきゃいけないとわかってるけどたちどまりたい、みたいなそんなもどかしい恋愛のシナリオでした。
いやー…
どっちも好きですね!!!


次は函館天音のボーナスシナリオ。
横浜天音と違って、大会の最低限のレベルのほかにBPを一定値以上貯めないといけないというシナリオでした。
BPは引き継ぎ含めて、規定分あればOK。
横浜天音をクリアした後なので大体7000前後のBPが引き継がれるので、使いすぎなければ余裕でクリアできます。
3000BPというのは意外とキツイかなーと思いましたが、すっからかんになるまで使っても3日あればなんとか3000BPはたまりましたね。
コンクールで1つ目は1400程度、2つ目は4000程度BPがもらえるので、早い話がすっからかんでもなんとかなる←

そんなわけで、各キャラの感想を。
まずはソラ。
ツン9割でなかなかデレない子でした。
重い過去を背負っているせいか、序盤はどの選択肢を選んでも親密度が下がるっていうね。
どうしたもんかいな、と思いましたが、諦めずにソラのそばにいると徐々にデレが見えてきました。
伯父さんが死んだという話の後にはやっぱり来たかと、予想済みの落ち込み中に。
落ち込んだらちょっと前までの優しさどこ行ったんだと思ってしまうほど、初期のような冷たさになってしまいました。
それだけ大事な人を作るのが嫌なんだな、怖いんだなと思いました。
セリフの言い方自体がフラットすぎて棒読み?みたいな感じで取られそうですが、ソラの無関心さがでていてとても良かったですね。
あと、ニアと双子というだけあって、同じような感じでしたし。
響也の次に好きですね。


次、トーノ。
函館天音をやったひとの大半が落ちたトーノ。
どんだけなんだと思いましたが、最初の方、魔法を使ったあたりで「こいつは妖精なんじゃないか」とわかってしまいました。
話が進むとやっぱりか、と思いました。
トーノがためていたBPは妖精たちにあげていたのもあるんでしょうが、自分のために使っていたのかなーとか。
同じ魔法はだんだんかかりにくくなってくる。
長く魔法は続かない。
この辺りが、コルダ1の魔法のヴァイオリンが普通のヴァイオリンになってしまった、とつながっているようで心が痛くなりましたね。
トーノは悲恋です。
種族を越えた恋愛というか。
悲しいけど、音楽とともにあるというところがまさに「コルダ」なんだなーと思ったシナリオでした。
ハッピーエンドのほうが好きな私ですが、これは無理やり人間にならず妖精に戻ったので好印象ですね。
悲恋だけど、これは悲恋だからこそいい、と思いました。

最後ニア。
ニアはコルダ3スペシャルのセーブデータを引き継いでいないと見れないEDです。
花火に行ったり、カフェで新作スイーツを食べたり。
コルダ3ではなかなか描かれていなかった日常が描かれていました。
下天プレイヤーさんは、夏祭りのスチルが必見です!!!!!


と。
こんな感じでしょうか。

私としては函館をもっとこじらせるかなーと思ったのですが、意外とあっさり。
すいませんw
トーノルートは爆笑しながらやりましたwww
バカにしているわけではありません。
なんというか、トーノの必死さが可愛すぎて面白くなっちゃったというか。
ソラのツンツン具合も面白くって胸キュンでしたね。
響也とはまた違ったタイプだったので、ソラのルートはなかなか楽しめました。
うん。
コピー本作ってもいいかもしれない←
いや、響かな本ほどネタがないというか…
一緒にコンビニでバイトしてた時にまさかミントキャンディーくれるとは思わなかったんですってw

あ。
そうそう。
多分タイミングなだけかと思いますが、ある程度トーノのイベントが進むと、2人練習をトーノとしようと思って連絡したら「連絡がつかないため練習できません」ってメッセージが出てくる時があるんです。
断られてちっと思って別のキャラと練習したらトーノから「一緒に練習しようぜ!」ってメールが来るんですよ。
え。さっき断ったよね?と思いながらまた選ぶと「連絡が(以下略」。
おいおいwww
ちょっとおもしろかったけどもwww
タイミングだと思うので別にイラッとはしませんが面白いですよねw
ま。
これはトーノだけではありませんけどね。

そうそう。
序盤のソラのイベントが進んでない状態で昼食を選ぶと「そんな気になれない」とあっさり断ってくるのにも笑いましたw
どうやって親密度あげればいいんだよwwwwww
なかなか手ごわいですソラさん。
その分、イベントが進むと心が向いてくるのがわかるのでとっても良いキャラでした。


これで無事?にASシリーズ3本ともクリアしました。
函館天音は妖精と人間の間の世界の話。
そして、ASとコルダ3本編とも繋がる話。
ぜひとも12人全員を攻略してからやって欲しいですね。
セーブデータだけ作っておけば函館シナリオはプレイできるようですが、途中わからないことがあるので全部やって欲しいです。

さて。
私は響也のドルチェを落としているのでそれを回収したら3本編に戻って律と響也の珠玉EDを見ようと思います。
見たはずのデータが今のメモリースティックに入ってなかったんですよねー…
ショックすぎる。
頑張ります。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

AS天音 プレイ中です!

AS天音引き続きプレイ中です。
逆注目の冥加、珠玉氷渡が終わりましたー!

簡単な感想を。
あ、ネタバレしているのでご注意を。

冥加の逆注目ルートは、最近ネオロマの王道?になってきたのかと思ってしまった記憶喪失。
そういえば、こういうの遙か5でもあったなーと。
ですが、記憶が戻るのが早すぎて笑いました。
ヴァイオリンを弾くしかない…!となるのはまあ、分かるのですが、その後のイベントがね。
お前の言葉で教えて欲しいとか…
すでに記憶戻ってるでしょwwwwと思わずツッコミ。
主人公も「冥加は本当に記憶が戻ってないのだろうか」ってwwwwwwwwww
ま、突っ込むよなぁ…

冥加は珠玉も逆注目も敵対の位置はかえずにきましたね。
過去の触れるところがあったので逆注目のほうがシナリオが深いのかなーとか。

冥加のEDは常に最後のコンクール2曲めはMFを使わないと迎えられませんでした。
曲の指定は特になかったので楽でした。
そんな感じです!!!

氷渡のEDは…
芹沢はあったのですが、氷渡はMFのアニメーションないんですよ!
というかMFの自体ない…!!!
どういうことでしょう。
期待していたんですけどね。

氷渡はいわゆる努力型の人、というイメージでした。
天才肌が多い中、努力でアンサンブルメンバーに選ばれているので、その努力がシナリオを進めていくと見えてきます。
途中、おかしな発言を無意識にしてきますがそこはご愛嬌。
俺の女神…!とか見た目からは想像できないようなセリフがぽんぽん出てきて面白かったです。
ギャップ萌え!!!!

氷渡は素直なので、恋愛が進んでいくとどんどん恥ずかしいセリフを言ってくるんですよ。
恋愛不慣れなんでしょうね。
そこがかわいいな~と思ってプレイしていました。
コルダ3無印のころは廃屋みたいなところに閉じ込められたわけですけども、そんな片鱗が…

……。


ちらっとはありましたけど、主人公が止めたのでそれ以降は見ることはありませんでしたね。
なかなか良かったと思います。

と、こんな感じでしょうか。

クリアするのが目的なので回収しきれていないイベントが多々ありますが、なんとかクリアです。
冥加と響也の掛け合い漫才も開放されたので大変おもしろかったです。
なんだろう。
この二人、似たもの同士なのかもしれません。

さて、次は七海と天宮の逆注目です~
めんどくさいけど頑張るぞー!!!
それが終わったら函館天音です!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

下天の華夢灯り プレイ中!

どこまで書いたか忘れましたが、ひとまずクリアしたキャラを。

今日、官兵衛、半兵衛、秀吉をクリアしました。
現在家康ルート中です。


まず昨日の続きの信行の感想から。
イベントは1日1回でした。
3章をクリアすると自動イベントですね。
信長が倒れたあとの信行の涙のスチルがとてもきれいでした。
あれだけ憎んでいたけど、ホントは心のなかで分かって欲しかったのかなーということが現れていたように思います。
最後の一芝居、もう1度謀反人に…というところは一瞬驚きました。
時雨や烈火、師匠と戦闘に入るところなどは一見の価値ありですね。
とても良かったです。

半兵衛ですが。
ここまでクリアしていくとすでに半兵衛が今回の首謀者だとわかっている状態でスタートするわけですが。
特別独自のシナリオ、というわけではありませんでした。
というか、いいところ持って行きすぎ。
他キャラのシナリオで最後に「半兵衛と官兵衛は秀吉の四国平定が終わるまで安土で養生」というセリフが出てくるのですが、それが実際に見られる、ということくらいでしょうか。
まさか主人公が自分から正体を明かすとは思いませんでしたけど。

官兵衛。
一目惚れ、一目惚れと言ってましたが、ほんとに一目惚れだったんですね。
びっくりデスよ。
ほかキャラとは違い独自のシナリオ部分が多くあったように思います。
最後の半兵衛をはめるところは、やはり来たかと思った切腹スチル。
あれはなかなか良かったですね。

廃寺に閉じ込められるところも、よく気づいたよなと。
そこまで気づいてたら…!と思うところもありますが、そこはそれ半兵衛が大事なのかな、とか。

秀吉。
いやー。
佐吉が可愛い。
佐吉とのやりとりを見ているとものすごく面白いですね。
かなり糖度高めなのかとおもいきや、「殺す」とか物騒な言葉が出てきたり、なんだかよくわからないという秀吉の一面がシナリオにも現れていたように思いました。
秀吉の母も登場してきてましたしね。

最後の伊賀攻めのところで主人公が立ちふさがるのですが、なんというか、おい!桔梗ってばれんぞ!と心の中でツッコミいれてしまいました。
安土の盾でしょ!今は!!!と。

あ。
秀吉のルートは佐吉がいっぱい出てくるので佐吉好きには申し分ないと思います、ハイ!
「佐吉が好きです」
を是非選んでほしいwww


こんなところでしょうか。
なかなか楽しんでやっています。
もうすぐ下天も終わりかー。

そういえば、官兵衛のスチル、1枚落としちゃったんですよね。
おそらく「抜刀」系のスチルだと思うのですが…
蘭丸あたりと一戦交えてくれる時に拾えるのかしら?
やり直したいと思います。

私がよく落とす誘惑イベントですが、2章までが誘惑1、3章の鷹を捕まえるまでが2、猿を捕まえる以降が3っぽいです。
親密度はあまり関係ないような感じですね。
信長は2と3、兄様は2、半兵衛も2を落としているのであとで回収に向かいます。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

下天の華夢灯り プレイ中!

百地ルート終わりました。

2章の灯籠まではほかキャラと並行可能です。
修行の時に「もう少し話をしよう」を選びます。
種類は3種類。
3章の途中まで選択肢は変わりません。
3つ全部選んだ後は特に話さなくても大丈夫?

3章に入った時に夜のみ百地のルートのアイコンが出現するので、他のキャラと同じように話しを進めていくとルートに入れます。
3章が終わる頃にはルート確定し、他のキャラのイベントマークが出現しなくなります。
修行はしてもしなくてもいいのですが、時間に余裕があるので修行をしてクリア後の特典のために花やお香を集めておくのがいいと思います。

信行もそうですが、百地も親密度のシステムはないので、アイコンが出たら必ず会いに行くことが条件です。
あと、どこだったかな…
1つ選択肢をミスると失敗しました。
追いかけるあたりだったかな?

4章に入ると修行後の会話の選択肢が変わります。
お香イベントも1回だけ発生します。
1度見たらその後は発生しませんでした。
1回限定みたいですね。

それくらいでしょうか。
信行ルートは、信行の部屋を訪れたあと、灯籠流しの日に部屋に行きます。
そのあと1日1回だけ信行のアイコンが出現するので、欠かさずに訪れること。
1回でも訪れるのを忘れるとアイコンが出現しなくなりました。

信行に花をあげられますが、特にこれといってこだわりはないようです。
もともと親密度があがらないので、沢山持っている花を優先的にあげればいいかなといった感じです。


現在信行ルート中です。
明日には終わりそうですね。
信行が終わったら、半兵衛に行って、秀吉、官兵衛、家康、蘭丸の順番でクリアしていこうと思います。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

下天の華夢灯り プレイ中!

信長ルート終了しました。
あと、光秀ルートも終わりました。

守る側と守られる側の2人をまずクリアしてみました。
ああ、なるほど、と思うところが多々ありました。
1人のルートでは見えなかったところが見えてくるというシナリオになっています。
若干セリフも変わるので、全キャラクリアする人向けにもこだわって作られていて良かったな、と思います。

1キャラクリアした後、信行、百地、官兵衛、半兵衛が攻略できるようになります。
信行のルートに入るためには、灯篭流しで一緒に過ごすこと、のようです。
メモが表示されません。
信行の様子を見に行って、親密度をあげておくと灯篭流しで選択肢が表示されました。
百地のルートは何度か修行をすると終わった後に「師匠ともう少し話す?」みたいな選択肢が出てくるので、そこで会話をすると親密度が上がり、百地のルートに入るようです。
官兵衛、半兵衛は人物詳細が出るので、そこで確認できるようです。

花とお香の数でクリア後にみられるようになるスチルですが、累計のようなので何度もクリアしていると自ずと数が増えるので、修行でなかなか勝てなくても大丈夫みたいです。
簡単に見たい場合は戦闘の難易度をやさしいにすると見やすい気がしますが、5連撃以上にならないとお香がてにはいらないので、その場合は「くない」の術を使って連撃を稼がないといけなくなるようです。

お香イベントはどうやら3~4つあるようで、全部見ておかないと、回想録が埋まりませんでした。。。
兄様は1つ、信長様が2つ埋まりませんでした。
親密度によってイベント内容が少し変わるみたいですね。
全部集めるのはまた骨が折れそうです。


さて、次は半兵衛か信行か、師匠か…‥
その辺りをクリアしてみようと思います。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

下天の華夢灯り はじめました

下天の華の続編、夢灯りはじめました。
正式には昨日からですが。
簡単な感想を。

安土の盾になったあと、誰とも恋愛EDを迎えてない状態からのスタート。
対武将の認識はあまりいいかんじではないですね。
忍びを…みたいなところがあったので、そのあたりの設定は流石ネオロマというか。
蘭丸は完全に敵意むき出しですしね。

今回から通常の戦闘はボタン操作(前回と同じ)、修行は神経衰弱形式のゲームでした。
勝っても負けてもとりあえず花は1つもらえます。
朝、昼、夜でもらえる花が違うのですが、もらえる時間帯は前回と一緒でした。
神経衰弱は最初やさしいでやって、術のレベルを上げてから普通にしたほうが簡単にクリアできそうです。
術の経験値は圧勝なら大幅に上がるようです。
体力が少ない状態で勝つとあんまり上がりませんでした。
札が1回配られると1回だけ使用でき、全部めくっても修行が終わらなかったらもう1回並べられるので、その時にもう1回使えます。
別の術にしたほうが効率よくあげられるみたいです。

配られた最初に見える札は4枚。
やさしいだと8枚、普通以上は12枚配られます。
初期の配置を覚えておくと簡単にクリアできますが、普通以上だと札の枚数が多いのでなかなか全部めくれないことも。
5連撃以上するとお香がもらえます。

お香は今回から新しくはいったシステムなのですが、通常では使えないようです。
現在信長ルート中で、好感度は380ほどありますがお香をたくような選択肢が出てきたことがありません。
時間帯…?
もうちょっと進めると使えるようになるかもしれません。

1周めで人物詳細に出てくるのは信行と百地を除く武将です。
誰が制限かかっているかはまだ不明ですが、多分この7人は最初からクリアできるんじゃないかなぁと思います。
信行が表示されてなかったので1周めでは難しいかも。
百地に至っては修行の相手なので現在は不明です。


こんなところでしょうか。
思いの外両兵衛が怪しくてとても楽しいです。
選択肢は意外と沢山あるので、いろんなものを選んで沢山セリフを聞いていけたらなーと思っています。

前作に出てきたシーンやスチルが回想として出てきます。
「あ、あの時…」
といった時に、立ち絵だけでなくスチルがあった時はそのまま表示されるのがとても良かったです。
回想はセピア調で「回想している」とわかりやすかったですね。

あとは…
ちょっと戦闘が多めかな、という印象です。
前作は修行か、イベント進行中だけでしたが、今回は安土マップ上でも戦闘が発生します。
種類はいくつかあるようですが、すぐに戦闘しなくても大丈夫なときもあるようです。
ですが、うっかりしていると期限が来てしまうので、戦闘アイコンが出たらささっと倒しておくほうがいいみたいですね。

現在は第3話です。
期限以内に何回か指令がくだされるのであまり他にうつつを抜かせないのかな?というのが印象です。
ひとまず1周やって様子見、でしょうか。
明日には信長ルート終わりそうです。
今回も4話か5話構成なのでしょうか。。。
そんな雰囲気がします。
エンディングまで頑張るぞー!!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず