FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

今思うこと、感じること。

今日は珍しく本屋ではないほうのバイトがありました~
もう、異動になってからというものなんというか、大変で。
やっぱり新規の立ち上げというのはいろいろあるなぁと実感しました。
ほんとに何も出来てない状態ではじめるのですがあんまりにも何も出来ないので正直がっくり。
サイクル自体もやったことがないのでどういう感じに動くのかもまだ見てないのです。
今日は乗り物が止まってしまった時のゲスト誘導、というかまあ非難?の練習があり初めてコースターのシートに座りました。
今回のコースターにはオーディオシステムが搭載されており乗り物に乗りつつ音楽が聴けるという代物。
まあ、そういった理由からというかシートが高く座るとバーを自力では下げられないという困ったもの。
そしてそのバー自体も結構重い(涙。
そろそろテストライドが始まる時期のシフトが分かるようなのでいざのせてみてから調整がかかりそうで怖いですね。

舞一夜発売です!

本日、舞一夜の発売日でした~
私は一足先に見たので今日は特典映像を見ました。
キャストさんたちが自分のお気に入りのシーンなどを言い合っていたりとかしてとても面白かったです。
中原さんと井上さんはどうしてあんなに面白いのかしら(笑。
座談会を見て大爆笑しました。

この劇場版はやっぱりファンのために作られたようなもので制作側としてもかなり力を入れていたといっていました。
私は、この映画を見て遙かにはまった人なので八葉抄、アニメを見てないのですがやっぱり映像がとてもきれいだなーと思いました。
背景などもしっかり書き込んであるしいろんなところにCGが使われていてより立体感が出るようにとか、映像としておかしくないように作られているのにとても感動しました。

もし、この劇場版を見に行ってなかったら遙かにはまることもなかっただろうと思います。
何だろう。
劇場版とか言いつつ大抵のものはアニメの延長にあったりするものが多いのですが遙かは違いましたね。
アニメでは出来なかったことをしたい、という製作側の意図があったからだというのがとてもよく出ていたと思います。
キャラクターも8人いる中で各キャラの見せ場がちゃんと作られていたのはすばらしいと思います。
どうしても偏ってしまいがちになる傾向にあるのですがやっぱりそこはネオロマンス(笑。
ファンの人気に差があるとはいえ、各キャラには固定ファンが付いていますからそのキャラが好きな人のためにきちんと見せ場が作られていてとてもよかったです。

まあ、何がいいたいかというと鷹通がかっこよかった、と(爆。

特典映像で監督さんがおっしゃっていたのですがこの劇場版には各キャラの設定のカラーがあまり使われてないそうです。
しかも、暗いところ(映画館の中)で見るために作ったそうで画面は少し暗めに作ったようです。
最後のシーンで初めてキャラカラーを使ったといっていましたからね.

私が昨日見たときは机のライトを消して部屋は豆電球にして見ました。
本当に見入ってしまいました。
気分屋なので厚くなりやすい反面、ものすごくさめやすい傾向にある私が4ヶ月ほど前に見た映画をまた見てすごいな、すばらしい出来だなって思えたのはやっぱりファンを大事に作ったからかもしれませんね。

遙かに出会っていいことも悪いこともありますけど、やっぱり出会ってよかったと思えました。
この出会う機会をくれたsikiには本当に感謝ですね。
悔やまれるのは4年前にはまっておけばなぁということくらいでしょうか。
興味はあるものの、乙女ゲーでしょ、と馬鹿にしていた私が若い……。
人には結構馬鹿にされていますが私はとても楽しく生きていますよ~


WEB拍手



tb: 0 |  cm: 0
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず