FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日は飲み会!?

こんばんわ。
今日は類友葵と後輩Fりさとご飯に行ってきましたー!!!!

とりあえず、集合は17時。
それまで本屋の友達と遊んでいました。
うっかり三国志のコミックを見つけて思わず購入しました(爆。
すっごい面白いんですって!!!
陸遜メインの話とか!!!!!
姜維メインの話とかっ!!!!!


買ってよかったです。
もう1回読み直そう…

さて、17時にFりさが到着し、葵は遅れてくるそうだったのでその辺をぷらぷらして、天王寺で待っていました。
そのままメイトへ。
いろいろ悩んで、ヘタリアグッズと、ヘタリアDVDとノリで購入しようとさそったアイルー占い(笑。
Fりさはとてもまもちゃんが好きで「あ!宮野さんですよ!!」と毎回教えてくれるのですが私と葵は
「へぇ…」
と、スルー(爆。
最後のほうは見向きすらしていませんでしたからね(苦笑。

1時間くらいメイトで過ごしたあと、こがんこへ。
そのまま話に熱中しました。
久しぶりのヲタトークでねぇ…
Fりさがこっち方面に来たい!といっているのがとてもびっくりでした。
とりあえず、彼女のためにまもちゃんが大阪に来ることがあればネオロマのチケットをとってあげる約束をしました(笑。
ま、まもちゃんが来るときは基本的に紀章も来るのでいいですけどね。
でも、Fりさがこっち方面に来たいと思っていたのは意外でした。
なんというか、人付き合いがしんどいようです。
2.5次元だと人付き合いとか、関係ありませんからね(笑。
3次元はいろいろと面倒ですから…
現実逃避らしいですが、そのまま現実逃避のまま行くか、もっと進んで2.5次元の住人になるか…謎ですが、本人が希望しているのでコルダ方面で援助したいと思います!(マテコラ

ちょうど、コルダも3が出るしね。
私と葵の共通見解としてはPSPでやらずにPS2でやろうということになりました。
PSPのほうが便利といえば便利なんですが、真剣にできない気がして…
私はあんまりPSPで乙女ゲーをしたいと思わないということもあるんですけどね。
というか、夢中になりすぎて仕事に行くのを忘れそうで…(コラ。
とりあえず、コルダ3もFりさには薦めようと思います。
まもちゃんがチェロ奏者としてメイン5人に登場しますからね!!!


小ネタ。
ヘタリア劇場版は80分らしいです。
5分くらいのアニメがいっぱい詰まって80分らしいです。
しんどいなぁ…
途中にシリアスも入るらしいのでずっとテンションが高いまま…と言う事ではないみたいですけど。
これ、最新情報ですよ!!!
といっても、DVD5巻に収録されていたので知っている人もいると思いますけどね。
あと、ヘタリアワールドフェア、オーストリアさんが配布終了していてショックでした…くすん。


次のヲタ会はいつにしようかなぁ~~
毎月恒例にしている(予定)ので毎月1回は楽しみがあります。
これで発散しておかないとヲタ熱が違う方向に向きそうだ…
tb: 0 |  cm: 0
go page top

遙か3運命の迷宮愛蔵版 禁じられた扉見ました。

トレジャーBOX特典「禁じられた扉」見ました~
とても面白かったです。
とりあえず、ネタバレを含め感想なんかを。


最初、話を進めていくと鍵をもらえるシーンに到達します。
鍵をもらえるシーンを通過すれば、次回からは飛ばせます。

さて鍵は3種類。
青い鍵はヒノエ、譲、敦盛、景時、リズ先生が登場する学園生活編。
とても面白かったです。
意外とインナーは使いまわし画像でした。
ヒノエしかわからなかったけど。
先生の名言「春日。後で~…」が聞けるのがこのシナリオ。
とりあえず、主人公は「春日望美」として話が進んでいくのでフルボイスです。
敦盛が3年、ヒノエが2年、譲が1年という設定でした。
あと、先ほど名前は出しませんでしたが、朔も出てきます。
望美と同じ学年という設定でした。
同じ年齢だったっけ…?と疑問。
後で調べておかないと。

次は赤い鍵。
赤い鍵はもちろん、銀、チモ、泰衡さんが出てくる教会の結婚式?シーン。
別に結婚をするわけではありませんが、何故かこの3人に加え、白龍にまで結婚を迫られる話です。
とても笑いました。
あと、突っ込んだのは「チモ!はよ喋れ!!」ということくらいでしょうか。
これはこれでおもしろかったです。
泰衡さんがあんな言葉を言ってくれるというのは…やはり攻略キャラに、という声が多かったからかもしれませんね。

最後は黒い鍵。
登場人物は今までに登場していない人たち。
白龍(幼)と将臣、九郎、弁慶に加え、敦盛、銀、チモ、入道様でした。
将臣ともし一緒の時間に行っていたら…という設定でした。
最後に弁慶が「白龍の神子…いえ、平家の神子」といったのが印象的でした。
これはこれで面白かったのかもしれませんが、歴史が変わってしまっていたのではないかなぁ、と思いました。
でもまぁ、これは主人公「望美」が八葉のことを知っている上で行った世界でのことなので、本当に将臣と一緒に行っていたら弁慶や九郎と会っても助けるようなことはしなかったと思いますけどね。
ちょっとシリアスな内容で、新鮮でしたね。
とくに他2つが面白かったので。

あと、特典としてメッセージ(という名の愛のささやきっぽいの)が収録されていました。
聞いていませんが。
まぁ、なんとなく想像ができるのですが、後ほど九郎くらいは聞きたいと思います。
というわけで、「禁じられた扉」でしたが、ほんとにゲームのワンシーンのような感じで進んでいきます。
何度も見るようなものではありませんが、とても楽しいものもあるので買ってよかったかと思いました。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず