FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

遙か5終わりました!

無事に遙か5が終わりましたよー

天海のルートも無事にクリアです!
って、これは16日目の時に書いたわwwww

大団円ルートへは、天海ED後、ゆきの章終章で天海との戦闘後、「天海ともわかりあいたかった」を選択すればいいだけです。
なんと簡単…!!
最後に最終戦闘があってEDです。
スチルは1枚のみ。
このEDを見て、最初ゲームを始めた時に出てきたじーさんの正体がわかります。
結局今回も全キャラ、全EDを見ないと分からないようになっているんですね。
そりゃ売れな…(自主規制。

全部クリアしての感想とか。
何気、これ2日かけて書いたので長いです。
読むのがめんどくさ人はターンバックw

*******************************

システム的な面から。
音声が減っています。
もともとフルボイスでないのに、すごく減っています。
恋愛イベントで音声付なのはほぼ半分。
恋愛補助イベントに関してはすべて音声なしでした。
四神イベントは3つ目と4つ目、EDのみ音声付。
戦闘はいつも通りフルボイスです。
戦闘ボイスは3種類くらいあります。
通常連鎖術のボイスは各キャラ3種類。
四神、明王呪で各1種類ずつでした。
あとは、シナリオ共通部分に一部音声付きだったくらいでしょうか。

スキップ機能はかなり改善されていました。
情報ページを開いたり、セーブしたり、戦闘のたびにスキップが解除されていたのがなくなりました。
逆にオート再生機能がなくなっていたり、人物紹介だけL+R同時押しで見れなくなっていたりと、ちょっと不便なところもありました。

画面が今回から、横仕様になっているのがとても気になりました。
今まではセリフや、人物詳細、メモなどすべて縦書きで、和のテイストを大事にしていたのに今回からすべて横書き。
かなりの違和感です。
下にセリフ枠があると、どうしてもテキストを読むとき、キャラが見れないでんですよね。
フルボイスならともかく、パートボイスでこれは…(汗。
正直な話、キャラを全然見ないことのほうが多かったです。
テキスト枠も吹き出し仕様ではなく、ほんとにセリフ「枠」になっていたので、残念でした。
これはアンケートに書いて、前の仕様に戻してほしいですね。

スチルは全キャラ10枚。
目線が変わるだけで、1枚のスチル扱いにしていたコルダ3でかなり言われたのか、同スチルで一部差違のものは1組扱いになっていました。
キャラによってスチル枚数に差が出ていたものも改善され、同じ枚数でした。
龍馬だけED後、シナリオを進めていると自宅で見れるスチルがあり、龍馬ルートだけでは集められないようになっていました。
この辺は前回4の忍人と同じ扱いですね。

今回からカットインがたくさん使われているように思えました。
カットインというか、ストーリー上でスチルとしてではなく、立ち絵などの一種として画面に挿入される画像なんですが、かなり増えていました。
後々見れないものなので、楽しめました。
カットインが増えて、スチルも多くて、画像的にはさほどいうことはないです。

気に入らなかったのは、EDのスチルが、何故かポリゴン的になっていること。
あそこだけなので、素晴らしく微妙。
そのせいか、背景がなく白塗りか、グラデだったのが気になりました。
折角のEDなのですから、小細工せずに今まで通り1枚絵のスチルで十分です。
下手にほかのゲーム会社と競争するのではなく、今までどおりで十分だったような気がします。
競争するならまずフルボイスから、ってなりますしね。
アンケートにはこれも書いておこうw

回想録の時に主人公の名前を変えられるのはコルダ3の時と一緒でしょうかね。
4愛蔵版ではありませんでしたが、コルダ3であったシナリオ途中の写真機能も復活されていました。
まあ、これに関しては必要なのかどうかは不明ですけどね。
と、システム面はこれくらい。

**********************************
シナリオ、キャラ面。
瞬。
意外や意外、瞬か星の一族ですか、そうですか。
現代から異世界に行く人物が毎回2人いるのですが、その片割れ。
主人公に対して盲目的な部分もあり、愛され過ぎて困っちゃう☆っていう方には大丈夫でしょうが、普通の人からすると「は?」ってなるくらい不気味。
ルートに入ってもほぼ鉄仮面を崩さないあたり、流石天青龍なんて思ってしまいました。
心の動きがわかりにくく、あんまり好きなタイプではありませんでしたね。
独自章に入ってから表情を見せ始めるところは、なかなかおいしいキャラだと思いましたが…
最初からいるキャラでここまで表情を出さないといなると、「このキャラ好きかも!」ってなりにくいのではないかなぁと思います。

シナリオは毎回優遇されていることもあって、今回もほかキャラに比べるといいシナリオだったと思います。
主人公第一なのは歴代天青龍と同じですが、よくもここまで…!!とむしろ感嘆しました。
そりゃこのキャラで、この性格で、このシナリオで、CVミキシン…というはちょっとねぇ。
あと、あっちこっちで出てくるのはさすが、瞬ということでしょうかね。
ノーマルEDも若干、瞬寄りでしたからね。
ま、瞬の立ち位置を考えるとそうなるかも?

次、龍馬。
颯爽登場、幕末美青ね…という感じですね。
1枚目のスチルに、「通りすがりのヒーロー」というタイトルが付いているだけありますね。
主人公のことを何故か知っているのですが、これは普通に独自章に入れば解明しました。
同行期間が短く、でたりはいったりと忙しいキャラですね。
そのうえ、1番最初に死ぬっていうw
いいんですかと、思いました。
それでこそ龍馬なんでしょうかねぇ。
地青龍らしく熱いです。
取りあえず熱い。
でも、冷静さを失わないところや、カリスマ性を持っているところなんかは、アシュや九郎さんから引き継がれているなぁと思いました。

シナリオ的にはやはり優遇されているのでは?
龍馬は同行期間が限られているので、一気に恋愛状態が進むように感じられました。
桜智ほどではないにしろ、龍馬も登場時より主人公に対して好意を持っているので、その分を差し引いてちょうどいいというところでしょうか。
龍馬の時だけ1度、時空移動に失敗するあたり、優遇されているというかなんというか。
それなら、もっとほかの人も失敗してよかったんじゃないかとか、突っ込みどころはたくさんありましたが、龍馬ですからね。
うん。
それですませてしまいましたw
個人的には好きなシナリオですよ。

次は、チナミ。
かわいらしい外見で、最初見たときはヒノエか!と思いましたが、ゲームをやってみると意外とそうでもなく。
立ち絵の中で自分の三つ網を握りしめているものがあるのですが、これがまたかわいいんですよ!
照れてるー!!ってなりました。
今までにない感じの立ち絵でしたね。
どうして「チナミ」という名前を使っているのかなど、今までにはあまり解明されたことのなかった名前に関しての謎が明らかに。
特にキャラがぶれるようなこともなく、若干イサトな雰囲気のところもありますが、ゲーム全体を通しても可愛いキャラでしたね。
うん、かわいい。

シナリオ的には、瞬・都と同じくゲーム序盤からすごくお世話になるキャラ。
同行期間が長いので一気に恋愛状態が進むというようなことはありません。
チナミが大きく変わるのは3回。
命令で主人公に同行している時、兄を失った時、記憶が戻った時。
最初は特に興味なさそうにしていたのですが、1度現代に戻って再度異世界に行ったとき、主人公に率先してついてきたり、あまり離れないような感じがしました。
頭が固い時ですね。
自分と違う考えは受け入れられないというか。

兄のマコトを失ってから記憶が戻るまでの間は、ほんとにまっさらでまじめくんなんだなーと思えるエピソードが。
アーネストに対してなんの偏見もみられないところなどは、それまでが1つの考えに固執していてなかなか受け入れられなかったという、天朱雀ではよくあるパターン。
率先して勉強などをしようとするあたり、やはりまじめなんだなーと思いました。

記憶が戻ってからは、少し落ち着いて主人公のこと、国のことなど未来を見据えての考えなどが見られると思いました。
成長したチナミですね。
このころから主人公に対しても素直で、好意を示すようになっていると思います。
前までは認めようとすらしませんでしたからねー。
そんな成長がとてもよく見られるシナリオでした。

次は総司。
総司ねー。
ロボットみたいですね。
第一印象がこれです。
心の動きがわかりにくいので、あんまり好きになれなかったキャラなんですよね。
弁慶の若かりし頃っぽい雰囲気です。
腹黒いところなんかは似てませんけどね。

シナリオ的にはいつのまに?という感じがしました。
いつの間に好意を寄せてくれてたの?ってなります。
主人公は結構おバカなのでぽやぽやしたことしか言ってないんですよ。
なのに…という感じをどうしてもぬぐいきれませんでした。
で、結構後ろ向きじゃないですかね。
常に「局長の命令であれば」、というスタンス。
独自章に入ってからガタガタっと落ちてくる感じがどうしても不自然かなぁ、なんて思いました。
主人公は一生懸命なだけ、余計に…というのもあるかもしれませんけどね。

次は帯刀。
この人はねー。
黒いです。
その一言に尽きる。
あと、口癖は「君は馬鹿なの?」。
だいたい二言目にはこれを言うww
鷹通が隠れ腹黒だったのに対し、帯刀はドストレートな腹黒。
ありだと思いますww
言葉づかいは丁寧なので、一瞬「?」となりますが、結構ひどいことばっかり言ってきます。
同行期間が短いので、積極的に狙っていかないと絆を上げにくいキャラです。
また、周回プレイができる7章以降でのイベントが多く、同時攻略には不向き。
帯刀を攻略するときは、同時ではなく拾い損ねているイベントを拾っていく…くらいのほうがいいかもしれません。

シナリオは急激に進んだ気がします。
恋愛イベント自体が連発するので、特にそう感じやすいのかもしれません。
八葉の中で1番大人なので、上からの物言いがひどい時があります。
また、馬鹿は嫌いというだけあって、恋愛イベントがある程度進行してきても、馬鹿なセリフを選ぶと絆が下がるというところは、さすが帯刀といったところ。
好き嫌いが分かれるタイプだと思います。
前半、周回できない6章までにはほとんど出てこないので、シナリオは短めでした。
好きなキャラだけに残念。

桜智。
これはねー…
こうきたか!と思いました。
で、意外なことに鬼設定。
今まで鬼は金髪、という設定があったのですが、その設定を覆してきました。
直系なんだったらちゃんと金髪でもいいんじゃないか?!とも思いました。
性格的にはもうなんていうか、壊れているの一言。
何がどうなってそんなに主人公に対して心酔というか、崇拝しきっているのか謎です。
シナリオをやっても、うーん…あんまりよくわかりませんでした。
ただ、ちょっとおもしろい選択肢や、危険かな?と思われる選択肢を選んでも絆が下がることはなく、なぜか上がることもしばしば。
こういうキャラは今までいなかったので、ある意味新しいですね。

シナリオは一貫して主人公命。
あった時から、エンディングまでそれを突き通していました。
同行したり、しなかったりとあわただしいですが、それなりに楽しいシナリオです。
むしろいなくても名前が出てくるあたり、某声優さんと同じ扱い…?という気がしました。
コメディタッチのところが多いというか、桜智の行動自体がやたらとコメディなので面白いシナリオです。
ぐっとシリアスに行くところ、コメディなところとメリハリがあるので、楽しめると思います。
ちゅースチルが初めて出てきましたが、流石ネオロマw
手で口元を隠すという、何ともいえないというか、コメントのしづらいものでした。
おいしいですね。

アーネスト。
中途半端なバイリンガルで…といわれるところもありますが、まあ、これはこれでありなんじゃないでしょうか。
キャラ性がいまいちぱっとしない気がしました。
金髪なのに「鬼だ」と追いかけまわされなかったところは、この時代だと鬼の存在自体がさほど認識されてないのかなぁと。
でも、帯刀などは知っていたので、結構矛盾しているところもある?と思いました。
鬼の存在を知っていても、金髪ということを知らなかっただけかもしれませんけど。
とまあ、設定自体が微妙なキャラでしたね。

シナリオは最終的にはだれました。
王道と言えばそうなんですが、やり過ぎた感じが否めない…
ほかキャラに比べると、別段好きだと思わなかったこともあってか、途中から読むのを放棄しそうになりました。
周回できる7章から1つずつイベントがコンスタントに発生するので、恋愛状態が一気に進むということはありません。
この辺はいいな、と思いました。
同時攻略をするにはうってつけのキャラなのではないでしょうか。
ただ、同行期間が短めなのでレベルを上げにくいのが難点。
晋作との明王呪イベントがゆきの章後半で起こるので、先に攻略しておいたほうがいいかなと思いました。

最後、晋作。
しょっぱなに出てくる割になかなか同行しない人。
インパクトが大きかったですね。
頑固なところなんかは歴代地玄武といったところでしょうか。
ルートに入るとガタッっとくるので、かなりびっくりします。
おとなのように見せかけて、実は結構子供なんじゃないかなーと思いました。

シナリオ面は、最初にクリアしたキャラだということもあってか、面白かったですね。
早い段階でルートに入るキャラなので、7章でのイベントを起こし損ねるとルートに入れなくなるのはちょっと微妙かなと思います。
ルートに入ってからは、どうしたんだと思うくらい主人公に甘い気がしました。
これはこれでありなんでしょうけど、それまでの同行期間の短さを考えると…
帯刀と同じ維新志士ですが、対立関係にあるので、同じ人物が違った感じに見えるのでとても楽しめました。
個人的に桂さんがいっぱい喋ってくれたので満足です。


と、こんな感じでしょうか。
キャラによって差がありますが、そこは気にしない☆
チナミいっぱい書いたな…(汗。
全キャラ、現代に来るのでこの辺は修正してほしいかなと思いました。
できれば十六夜記みたいな、ファンディスク要素のあるものを期待したいです。
八葉しか書いていませんが、これを読んで迷っている人の参考になれば…と思います。
まあ、密林でたたかれているほど面白くないゲームじゃないですよ。
面白いです。
ま、声優判定では買えませんけどね。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

花粉きっつい!

遙か5が無事に終わったので、システム的な話と、キャラ・シナリオの感想などを書いていたら3時間かけても終わらなかったので、続きは明日に描きます(マテコラ。
なんかねー。
びっくりするくらい、レポと同じ長さなの。
でもね。
まだ総司までしか描けないんだ(爆。
いったい何をそんなに書いているんだか…

二世のコミック読みましたよ~
昨日はあまりにもしんどかったのと、凹んでたので早めに寝たんですけど、寝る前に読みました。
面白かったですー
ほんとに、マジで面白かった!
しゅしゅしゅセンセ、キャラかっこよすぎですって!!
まー、つんちょと近ちゃんのキャラくらいしかわからないんですけどね!
普通に「猛獣使い買うのやめて、二世買おうかしら…」と悩んでしまうくらいに、コミックは面白かった!
続きが気になりますね!!
週末にはついていたドラマも聞くぜよ!

昨日はねー。
ほんっとに、疲れていました。
ツイッター見ても、mixi見ても地震ばっかりで、特にツイッターで通常ツイートしていると白い目で見られてるっていうか。
それで若干凹んでいた部分もあるみたいです。
フォロワーさん、結構潜っちゃいましたしね…
そんな話を親と妹にしたら全否定されまして。
「ミクシーだ、ツイッターだなんて言ってるけど結局は寝不足ってことでしょ。今日もゲームなんてしないで早く寝なさい!」とか、
「ミクシーもツイッターも見てるだけでは疲れないし、凹まない。ゲームしてる暇があれば寝ればいいじゃん。朝弱いんだし」
と、言われたんですよ。
なんか、生きてる次元が違うなって実感してしまいました。

テレビの向こうのことだから全然気にならないんでしょうね。
私には被災地にフォロワーさんや、マイミクさんたちがいるから心配になったりするけど、親や妹には他人事なんですね。
いや、私も他人事だけどさ。
金輪際、ネット関連のことは言わないことにしようと思いました。
理解してほしいとも思いませんが、全否定されるっていうのがちょっとね…

ですが、そんなに長い間凹んでも仕方ないし、価値観が違う人に理解も求めてないので私は普通に無双6やってましたwww
そいで、また二世を読みながら寝ますw

あ。
今日からVitaminに移行しましたー。
まだ始めた?始めてない?というところなのですが、進み始めたらまたちょくちょく感想を書いていきまーす。
しかし、あいかわらずB6は馬鹿だww
馬鹿すぎて笑えるww
今はキヨやってます。
めんどくさいキャラからクリアするのが私流ww
うふw
次は一かな?
もちろん瞬やゴロちゃんは最後までとっておきますよ!!
でも、Vitaminのファーストって何気に翼なんだよね…
あれ…たっつん?
気にしない、気にしない。
こういう時は「脱げよ」を聞いて寝ます(マテ。

「脱げよ」トークを久しぶりにツイッターでしました。
メール着信音にしようかなー、とか聞かれたらまずいよねーとかww
発端は「地震速報は声優さんたちがやればいいんだと思うよ!」というツイート。
てらしーやまもちゃんが「今○で地震を観測したよ!津波に注意して!」とか「部屋にいるならドアを開けて」など警告的なものからやれば、そのうち速報に採用になるんじゃない?とか話してたんですよ。
それで、着うたやボイスはスマホ、アイフォンは無理よねーなんて話になって、自分で作っちゃえば?そうする?ってなっての、脱げよトークww
「私なんて近ちゃんと、つんちょと、中井さんと3パターン全部作ったぜ!」
「抜かりない!」
「こういうところだけね」
「私も作ろうかな」
なんていう風に話が広がりました。
脱げよだけでここまで広がったの、久しぶりww
そんな1日でした。
あー。
脱げよトークマジ最高w
元気出た!
付き合ってくれたフォロワーさん、ありがとう!!!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず