FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

1日引きこもり

今日は1日引きこもってスカーレッドライダーデーです。
怒涛の勢いでタクトとヒジリを攻略し、無事にFD発売を待つのみとなりました。
頑張りすぎですよね。
でも、面白かったし、大泣きしたので問題ナッシング無用!
マジでいい話ですよ。
シナリオはいいし。
キャラも素敵だし。
曲も言うことないし。
まあ、戦闘が簡単すぎるのはどうかと思いますが、何故にここまで人気が出ないのかが不思議なくらいです。
エンディングはカズキとヨウスケのが好きですねー。
タクトとヒジリは暗い!
あれ、ユゥジとヒロは…?ww
ま、その辺はスルー。

今、SRXを布教すべくネオロマのエコバックを装飾中です。
これを1番使っているので、これで布教するのが1番っしょw
出来上がったら写真撮りますね!
あ。
昨日購入したタペストリー、開けるの忘れてるや。
起きたらいつでも見れるように、ということでベッドの枕元に張ることにしました。
が、1日スカレ日和だったことと、妹が私のベッドを占領していたこともあって実行に移せず。
今度の休みにでも貼ろうと思います。

それにしても、妹には言っていません(怒られるからw)がユゥジ2枚目ですか。
折れてないユゥジがほしい一心で買いましたけど2枚目ですよw
まあ、開封時に破っちゃったのも原因なんですけど。
一緒にヒジリとヨウスケも買っちゃったので、これを機に全部集めようかとw
まだヒロの通販は始まってないみたいなので、始まったらオーダーしよーっと。
もともとカズキとタクトは買う予定だったので、5枚あるのにヒロだけ買わないのはかわいそうですからね。

今日、SRXのオフィシャルファンブックが届きました~
このレビューも明日か明後日くらいにはあげようと思います。
面白かったのですが、エンディングを全部見てなかったのできちんと読んでないんですよね。
密林で購入したのですが。
購入時「在庫1冊です。」と書かれていただけあり、今日確認したところ「出品者からお求めいただけます」に代わっていましたww
やっば。
ぎりぎりセーフでしたね。
よかった、よかった。
メイトに行ってもなかったのでちょっとショックだったんですよね~
ですが、手に入ってよかったです。

それと一緒に、けんぬとまえぬが好きすぎてVitaminZの本能ハリケーンも一緒に届きました~
まだこれはきちんと聞いていませんが、Vitaminもあまり裏切らないクオリティなので楽しみです!
あ。
たっつんのヨウスケのキャラソンのレビューも書きました~
ドラマは突っ込みどころが満載過ぎて、レビューっていうよりも突込みになってしまいました。
面白かったです。
新しいドラマCD出てくれないかな~
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Scared Rider Xechs DRAMATIC CHARACTER CD vol.4

2011年4月27日発売。
SRXのキャラクターソングCDシリーズ。

愛ADRENALINE 駒江クリストフ・ヨウスケ(鈴木達央)
キャラクターソングソロシリーズ3番目はスカーレッドライダーエースのヨウスケ。
ヨウスケが実は熱い人…というのが良く表れている曲です。
若干フェルっぽいところが入っているような雰囲気もしますが、キャラ性がよく表れていると思います。
いつもクールで「チッ」しか言わないヨウスケですが、そうね、熱いよね君って実感してしまいました。
歌詞はちょっとエロいです。
曲は今までの2人に比べると少し早目で、ロックテイストの強い曲です。
主人公に対して純粋に愛を叫んでいる曲なので、見た目と内情の違いがよく表れていると思いました。
歌い上げているのがたっつんなのであまり違和感はありませんが、ほんとこういう曲調は似合いますね。
キャラもそうですけど、たっつん名義で歌っていてもおかしくない曲です。
とてもいい曲なのでたっつん好きには聞いてほしい曲です。
ああ。
ヨウスケといえば3択全部が調理室、のイメージですがそんな歌詞はどこにも表れていません。
ちょっとその辺は残念ですが…
まぁ、そんなものを歌詞に練りこんでしまったらネタソングにしかなりませんからね。

Our Generation
ミニドラマ1本目。
これは裏切らない感じで料理をしているところからスタート…
と、思いきや主人公、ヨウスケのシャツしか着てないのかよ!!!
恥ずかしいやつめwwww
一緒に暮らしているんですねー。
あ、そっか。
エンディング後の話でしたっけw
2人で海を見にいくんですが、ギターを持ってくる主人公ww
弾かない、とか言いつつ弾いてくれるのは主人公に甘いからなんでしょうね。
出会ったころの話とか、名前は出てきませんでしたがきっとタクトのこと。
主人公と一緒に生活してきて、ヨウスケなりに考えていたことや、守りたいと思っていたことなどが淡々と語られます。
その時、バックで流れるギターソロからエンディングBGMへの変化。
それがヨウスケの決意の表れのように思いました。
ちょっと泣きそうでした。
いい話だ。
流石、エース、といったところでしょうか。

爛漫シトロンエッジ
ミニドラマ2本目。
ザ・ダミヘの無駄遣いw
初めての主人公が起きているバージョンです。
今までの2人の時は主人公、寝てましたからね。
戦場になっている!とか何を言い出すのかと思いきや「石を拾ってくれ」ですよ。
何と戦っているんだ、いったいwww
どこから話そう、といいながら「フェルがかまれた」w
レスに言われるまで気付かないフェルってどうなのよ、と突っ込みを入れたいくらいです。

まさかのハブ退治ですよ。
しかも、何故に抱きかかえるww
説明をしてくれますけど、抱きかかえるよりも帰せよwww
突っ込みどころ満載過ぎて笑えますw
というか、どこ見ているんだよ、ヨウスケ。
探していたハブに噛まれたヨウスケ…
命に代えてもハブだけは倒す…意味が分からな過ぎるww
ハブ退治に何故にスカーレッドライダーww
突っ込みどころ満載で笑えます。
ハブは爆発しないだろwww
ホントにハブだったのかしら…w
1番の突込みどころは、これをダミヘでやるところ。
ハブに噛まれて毒が回りそうで死にそう…というところで、まさかのレスのおもちゃw
最後には理由なく抱き上げられ、「様になるだろ」って…
ヨウスケ…
君はボケ担当だったのか…
新しい一面を見たドラマです。
しかし、これをダミヘで…
もったいないwww
tb: 0 |  cm: 0
go page top

スカーレッドライダーゼクス終了!!

引き続きトラック9より!

タクトくんの~→タクト6

してなかったなら~→タクト1
絶対なんか~→変化なし

タクトくん、~→変化なし
わたしもここに~→タクト3

タクトくん~を選ぶと長々とタクトの素直になれないためにねじ曲がった解釈で延々と愛を語られますよ。
選択肢としては…ww

…約束するよ。→タクト4
そんなのできないよ。→Death
わたしが守りたいのは~→Love

ええ、そうよ。~→Death
そんなこと…~→Love

ただの~→All Death
大切な~→All Love

この選択肢でのゲージ変化は、通常戦闘時の2倍くらい変化あるので気を付けたほうがいいですね。

SideB
アンカーを撃たない→Love
アンカーを撃つ→Death

アンカーを撃たないを選ぶと、代わりにヨウスケが打ってくれます。
どっちでもいいと思いますが、ここは心を鬼にしてアンカーを撃ちましたよ。
ここのゲージ変化も大きいです。
戦闘終了後のタクトのデモテープの話は本当に泣けます。
ヨウスケあたりまではさほど泣かなかったのですが、ほんと…ねぇ。
カズキの時と、今回の時と泣きました…

トラック10。
彼のことを~→All Love
そうですね。~→All Death

会いたいよ。→Love
こんなんじゃ…~Death

二度とタクトくんを~→Love
それでも…→Death

こんな感じです。
タクトが出てこないので、書くことがないwww

次トラック11!
タクトくんを…~→Love
やっぱり~→Death

私1人の~→All Love
人類を~→All Death

これ以降の選択肢はすべて上がLove、下がDeathが上がります。
5人同時にアベレイトとしてくるとは思いませんでしたねーw
タクトルートではヨウスケが選ばれます。
が、ヨウスケルートとはセリフが少し違います。
ヨウスケと一緒に進んでいても、上がるのはタクトだけなので、寄せたいほうの選択肢を選んでいくだけです。
トラック11がレスEDになるかタクトEDになるか、のルート固定最終トラックなので、最終的にはまっかなゲージになりましたw

S寄りとM寄りで少しずつですが、セリフが違いますね。
ヴォクスが来たときとか。
ヨウスケが来たときとか。
そんなトラック11でしたよ~

トラック12!
S寄りになるとやたらと猟奇的ですねー、タクト。
というか、レスが猟奇的なだけかwww
レスらしいといえばそうですけど、こわいですねーw
ライダーセレクトは誰でもいいのですが、ヨウスケを選んでみました。
まぁ、ヒジリはまだクリアしていませんしね。
普段はあんまり選ばないタイムアップをするので、結局誰でもいいんですよね~

Mエンドでも、結局タクトを殺しそうになるんですね。
まぁ、当たり前かw

トラック13~
Sエンドの最後の鐘の音は…!!!
レスらしい、猟奇的否エンディングでした…
Mエンドでは贖罪の旅をする2人…
タクトらしいですねー。
平和になっても、堅いな、こいつはwww
というわけで、タクトルート終了!!

****************************************

さて、このままヒジリルート行っちゃうよ~
なんとなくヒジリ登場のトラック5からやり直してみます。

ヒジリを探しに~→ヒジリ10

優しいんだね。→ヒジリ10・Love
でも、ルールは~→ヒジリ2・Death
ホントに~→変化なし

そんなこと~→ヒジリ2
単に~→変化なし
なんとなく、~→ヒジリ6

順当に「なんとなく」を選ぶと気になるセリフがw

タクトくんと~→早くヒジリくんを~→ヒジリ10

みんなに~→変化なし
どうして~→ヒジリ2
問題を~→変化なし

その手に~→Love
わたしで~→ヒジリ4
ちゃんと~→Death

まぁ、いちおうね。→ヒジリ2
探してたら~→タクト1
本当よ。~→ヒジリ4

ごめん、~→タクト2
ヒジリくんが~→ヒジリ4
仲よく~→変化なし

仲よくしようよ、を選ぶとタクトに逆切れされますw
ちょっと見ものww

タクト~→タクト2
この場に~→ヒジリ4

タクトを追いかけるとイベントは終了してしまうので、ここに残るでw
この1回だけでヒジリ優先にすると、50もテンションが上がるんですね。
流石途中からとはいえ、優遇されてますねぇ…ww
そんな感じでトラック5、終了!

トラック6!
事情を~→ヒジリくんに~→ヒジリ10
ん「ほおっておこう」を選ぶとAll Deathアップです。

そういうわけじゃ~→変化なし
うん。そうかな。→ヒジリ4
ヒジリくんが~→変化なし

ヒジリくんが~が結構いい反応してくれるのですが、テンションを稼がないといけないので、順当に選びましたww
暇そうって本人に言っちゃう主人公もすごいよねw

お見通しか。~→ヒジリ2
わたしって~→変化なし

今芝居って~→変化なし
ヒジリくんは~→変化なし
真面目なのは~→ヒジリ2

それは…~→Death
そんなこと~→Love
死なせない。~→ヒジリ4

意味深なセリフばっかり残していくヒジリ…
うーむ。
謎が深まる…
ていうか、カズキだけ2発ってwwww
謎すぎるwwww
そんなトラック6でした。

トラック7!
ヒジリくんを~→ヒジリ10

こんな大きい~→変化なし
子供はナンパなんて~→変化なし
ヒジリくんは~→ヒジリ4

そんなの~→変化なし
ヒジリくんは~→ヒジリ2
不幸になんて~→ヒジリ4

ヒジリくんが~→変化なし
当たり前でしょ。→ヒジリ8
ISに関わる~→変化なし

それは~→変化なし
なにか理由が~→ヒジリ8
わたしが好きだから~→変化なし

いったん逃げよう。→Love
嫌だ。逃げない。→ヒジリ6・Death

SideBでは逃げなかったらヒジリと一緒に戦闘することになります。
ヒジリルートなので、一緒に行動しないと意味がありませんからね。
ヒジリと戦闘しているとリーブスとの戦闘はしませんので、ステッドラーが撤退した後、ライダー5人が現れます。
まあ、あの時何があったのかこれでわかるっていう寸法ですね。
なるほどなるほどw

トラック8!
Odd-I's in以下略!

問題ありそうな~→ヒジリの~→ヒジリ6

私でよければ~→ヒジリ4
岡崎監察官と~→変化なし

心配な~→ヒジリくんが~→ヒジリ10

何を~→変化なし
そうかも~→ヒジリ2
絶望なんかじゃ~→ヒジリ8

なんだか、ヒジリと話をしていると「ただいま~」って明るく帰って来るユゥジに、軽く殺意を覚えました☆
悪気ないんだろうけどwww
タクトやカズキの時には何も思わなかったんですけどね~

次、トラック9!
ほかのみんなが~→その2人でも~→ヒジリくんかな。→ヒジリ10

自分で言わなきゃね。→変化なし
うん。素敵よ。→ヒジリ6

プレゼントとか~→ヒジリ4
大事なのは~→ヒジリ2

実はね…→ヒジリ4
そんなに~→変化なし

そんなこと~→Death
わたしも~→Love

SideB、最初の選択肢は共通ですね。
あと、ヒジリはまだISの戦闘要員ではないので迎えに来るのはやっぱりヨウスケ。
この辺はエースの見せ場ってところでしょうか。
まさかここで、ヒジリがアンカーを撃つとは…!!
ヒジリのタクトに対する憤りと、主人公に対する憤りと、あとたぶん第5の時と同じ通りになりそうな展開への憤りが感じられますね。
タクトの時はガチで泣きましたが、ヒジリの時は泣くというよりも複雑な心境です。

トラック10。
最初の選択肢は共通。
上がDeathで下がLoveが上がります。
ここで、初めてヒジリが第5のメンバーだったということをヒジリから聞かされます。
ギブソンがサブスタンスだったようですね。
あれ、ギブソンって…

じゃあどうして~→Love
今度は~→Death

ヒジリとエピフォンは音声レゾナンスしないんですね。
音声が切り替わるのでびっくりしました。
ちょっと聞いてみたかったんですけどね。
ここでうっかりS寄りに移動させてしまったため、Mエンドのやり直しはここから~

次、トラック11。

…そうしたいな。→Love
遠慮しとく。→変化なし
状況がわかってるの?→Death

期待してるよ。→Love
だいじょうぶなの?→変化なし
その力は~→Death

ここでギブソンとエピフォンの兄弟げんかが見られます。
そういえば、ギブソンってばエピフォンと同じ姿をしているなーなんて思っていましたが、兄弟だったんですね~
タクトルートの時に教えてもらったけどww
びっくりするくらいヒジリもギブソンもエピフォンに執着しているんですね~
びっくりですwww

Mエンドのために素直になったら気持ち悪いとか言われたんですけど。
ちょっと、ヒジリひどいよwwww
まあ、ここはヒジリの愛情の裏返しってことで。
Mエンドだと5人そろってアベレイトしてくるんですねー。
ヒジリだけでもよかったのにww

トラック12!
ようやくここまで来ました~
長かったよー

ヒジリの口から第5時代の話が聞けます。
ちょっとだけですが、ヒジリがその時に年下だったことなど。
レゾナンスしていませんが、エピフォンが現れてヒジリのことを教えてくれたり、通常のサブスタンスとの関係ではないヒジリとエピフォンならではのシナリオです。
彼の心は壊れかけています、とエピフォンに忠告されますが、Sエンドを見るためなのでスルーww
エピフォンを選んだのに蒼の世界が選択されるというサプライズ!
ちょww
エピフォン―!!

Mルートではまさかのギブソンがレゾナンスをするという事態に!
ナイトフライオノート同士でもできるとか反則じゃなくね?!
つーか、ギブソン主人公に執着しすぎだしwww
エピフォンが消える時、泣けるのはどうしてなんでしょうね…

トラック13。
Sエンドはヒジリの心が壊れてしまって、エピフォンが言葉をしゃべれなくなったエンディング。
青の世界が選択されたにもかかわらず、ものすごく悲しいエンディングですね。
エピフォンの中で、ずっと歌っているヒジリもすごいけど、それを伝えようとしているエピフォンに泣かされました。
世界は救われたけど、個人的に6人の中で最も悲劇なSエンドです…
他のキャラのエンディングでは誰一人としてサブスタンスの時の名前では呼ばないのですが、このエンディングでのみ主人公はヒジリに向かって「エピフォン」と呼びました。

Mエンドでは第5の墓参りなんですねー
まぁ、その辺がヒジリらしいといえば、そうなのかも?
なかなかにいいエンディングでした。
でも、暗いよ!

ボーナストラック。
全エンディングを見たら解放される?シナリオ。
ツインボーカルが見られるとは!!!
つーか、マジあのつなぎほしいわwwww
黄色い花畑で歌うOdd-I'sというのは絵になりますね~
意外とレスとタクトは仲がいいんですね。
なぐり合っているヨウスケとフェルも面白いです。
あと、エピフォンが笑ったことに対して驚きすぎだよ、ヒジリwww
デュセンと交換日記をしているのには驚きましたが、まあそれもアリかな。

- - - - -

というわけで、約2週間かけてプレイしてきたスカーレッドライダーゼクス!
無事に全キャラ攻略終了です!
テンションの上がり具合などはタクトとヒジリしかやってないじゃんよ、とか言われそうですがこれは攻略日記ではなく、感想なのでその辺はスルーww
というか、ヒジリルートをやっていたせいか、しゃべり方が若干ヒジリになってるwww
まさか、1日でヒジリルートを両方ともクリアするとは思いませんでした。
頑張りすぎでしょwww
明日から何しようかな~

で。
終わったということはあれですね。
恒例の誰がファーストになったか発表―!!!



どこどこどこどこどこどこ・・・しゃーん!!



ファーストはミューミューに選ばれた錫木じゃなかった、カズキ―!!!
この人が1番好きですね!
かっこいいというよりも、人を見る目があるところに惚れました☆
ごめんね、タクト!!!
ファーストになるのはほぼタクト!と言い張って約1ヵ月w
結局カズキかよwww
楽しすぎてツイッターで「スズキ」を連呼していたらカズキbotに「ノー!!なんでスズキって呼ぶのさ!」って怒られたwwww
でも、そんなカズキが大好きですw
え、タクトも好きですよ~
でも、2番目☆
というわけで、無事にSRXもFDを待つのみになりました!
楽しかったよー!
tb: 0 |  cm: 0
go page top