FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

レッドクリフPartII見に行ってきました!

レッドクリフおもしれぇ!
見に行ってきました!!!!!!
レッドクリフ!
面白いです。
ついに赤壁は水上戦です!

そしてネタばれ含めなので、知りたくない人は回れ右。








************
さて、ついに始まったレッドクリフです。
パート1では武将の一騎当千がメインの見せ場でしたが、今回は水上戦ということもあり、戦闘はほとんどが集団戦。
赤壁といえば蜀呉同盟。
赤壁といえば水上戦。
赤壁といえば、そう!

火計!!!!!!

超見せ場ですよね。
さて、このジョン・ウー版三国志であるレッドクリフではどんな火計が見られるのか。
すごく楽しみだったのですよねー
さて、ストーリーは、パート1のちょっとしたおさらいから始まり、すぐに舞台は曹操の陣営へ。
そこでは尚香が潜入捜査をしているところが見せ場になります。

明らかに女性とばれているだろうと思いますが、男性と信じている周りが面白いなぁなんて思いながら見ていました。
曹操の非道なところとかがリアルに出されていてよかったのではないかと。
10万本の矢とかね。

見せ場の火計は風向きが変わらないと使えないのですが、ここで孔明が力を発揮し、風向きが変わるのを予測…というファンタジー的ではなく、結構現実的な見せ方をしているのがよかったですね。
演義ではなんとかって言う術で風を呼ぶのですが、まぁ、人間が風を呼べるわけがないので、風向きが変わるというのは気候などの変化でわかるというのが本などでよく書かれています。
さすがに、その辺はきちんと見せていたのがよかったですね。

その後はひたすら戦場でした。
戦い方が集団戦だった、ということもあってか陣形などの中で垣間見せる武将のすごさがうまくて見ていてとても楽しかったですね。
やっぱり、面白いですよ、三国志(結局そこか・笑。
これはね。
映画を見たらわかりますって。
あ。
でも欲を言うならパート1を見てから見に行ったほうがいいですね。
そのほうがなぜ2つに分けなければいけなかったのかがわかります。
全後編の2部作にしたのかがとてもよくわかりました。
面白かったですよ。
あいかわらずリアル三国無双っぽかったのは……言うまでもありませんけどね。


てか、関係ないけど、レックリの孫権先生はめっちゃかっこいいなぁ。
声優さんがいいからか?
そんなことないと思いますが、やたらと周瑜と先生がかっこいいです。
孔明はねー……。
ま、基本「三国志」は蜀が王道ってのが多いですから、かっこいいわけですよ。
その点、孫呉は呂蒙が関羽を討ち取ったということもあってか、結構小さいくせに大見得切ってるだめな国・・・みたいな書き方をされていることが多いんですよねぇ。
熱くて好きなんですけど。

とりあえず、公開初日に行ってしまったので、パート1を見てからもう1回見に行こうかと思っています。
DVD持ってるしね。
あ。
地上波放送の話ですが、明日みたいですね。
録画しておかなきゃ(コラ。


あ。
今日は出師の表の手ぬぐいを買いました~
口語訳がついていたので、うっかり、うっかり。
別に蜀ってそこまで好きなわけじゃないんですけど、ほら姜維がいるし?(マテコラ
あと、呉群とかの表記のものは今回発売されなかったので我慢して周瑜のストラップを買いました。
理想は陸孫なんですけど、映画には出てきませんからね。
てか、このころの陸孫って一兵卒な気がするし。
あー。
無双のドラマCD聞こう。
あれなら赤壁に陸孫出てくるしな。
小喬は出てこないけど(苦笑。

まぁ。
今回も賛否両論あると思いますが、実写版三国無双と思ってみて他方が結構楽しいと思いますよ。
だってほら、三国志演義自体ファンタジーなんですからね。

かぐや的今回の見所は朝雲と、孫権先生あと、火計かな。






え。
火計押しすぎ?
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/1098-33ec73c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず