FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

遙かなる時空の中で5風花記 プレイ中!2日目

さて。
昨日に引き続きプレイ中です。

2章から砂時計システムが始まります。
昨日、イベントは複数起こせない、と書いたのですがめんどくさくてもいいなら、イベント系はほぼ起こせそうです。

命のかけらは2章で上限9枚です。
時空を移動するたびに減っていきますが、今回はL+○ボタンで最大枚数まで砂時計の砂100と引き換えに増やせます。
砂時計の上限は300なので、移動することも考えれば2枚は増やせる計算です。
戦闘すればまた300まで増やせるので、地道に頑張れば時空移動しまくっても何とかなります。

戦闘は異世界のほうが怨霊の数が多いので、力もためやすいのですが砂を消費するのである程度砂が減ってきたら現代に移動。
現代では最初に現れている怨霊以上に増えないので、とりあえず、全部倒す。
1戦闘につき砂は~10くらいの間で還元されます。
完全に復興している場所に行くと上限が10増えます。
10ヶ所以上あるので1枚くらいなら何もしなくても、元通りにできます。

現代では砂は消費しないので、砂時計の上限を300まで戻したら、だいたい怨霊はいなくなっているので、都の招霊でひたすら怨霊を呼び出す。
ここで龍神の力と砂時計の上限を稼ぎます。
龍神の力を集めて、建物を復興させていくと次の章でに来たときに砂時計の回復ができるようになります。
同じ章内で時空移動した場合、復興した建物での砂時計の上限回復は最初の1回しかできません。
完全に復興させてない時は、怨霊が憑いているので戦闘しなければいけなくなります。
復興レベルによって憑く怨霊のレベルも違います。

ほとんど作業ですが、これを繰り返せば2章でも完全にすべての建物を復興させられます。
復興が終われば建物に怨霊が憑くことはありません。
何度も異世界と行き来するのであれば、効率よく戦闘するためにも、完全復興させずにおいておくのもいいかもしれません。
毎回怨霊を倒して、復興レベルを上げない。
そうすればまた、現代に戻ってくると怨霊が憑いているので倒せば龍神の力も手に入ります。
毎回毎回、都の能力で怨霊を呼び出すのは面倒!という場合は使ってもいいかもしれません。
ただ、場所が限られているのであまり多用できないと思います。

3章でのかけらの上限は8枚。
1章進むごとに1枚ずつ上限が減っていきます。
キャラのルート分岐はおそらく5章。
キャラの恋愛イベント、恋愛補助イベントは4章までにしないといけません。
補助イベントが起こられなければ恋愛イベントも起こらないので、起こし損ねた時は章選択で戻ります。
面倒だなー、という場合は一人に絞ってやれば、上で書いたような無駄な時空移動もしなくて大丈夫です。

現在は晋作ルート5章。
無駄に時空移動をしてレベル上げしています。
前回はレベル上げに飽きてしまった&別のゲームのためにとりあえずEDだけ全部見たので今はレベル上げしています。
リンドウを除きほぼ全員がレベル40台に乗りました。
高杉ルートはほぼリンドウ低でイベントが起こるので、砂の消費が少ないです。

イベントが失敗すれば「イベント失敗」と表示が出るので、それが出なければ成功です。
選択肢によっては絆があがらなくても成功です。
絆は戦闘であげればいいので、失敗しなければある程度どの選択肢を選んでも大丈夫です。
晋作は思っていることが行動と正反対なので、きつい言葉をかけてきますがそれはすべて神子を思ってのこと。
文字通りに受け取ると失敗するようです。

キャラの固定ルートに入れば、選択肢ミスと、絆の上げそこねさえなければEDまで一直線です。
晋作のイベントは2つ目の4章のリンドウ邸が1番萌えました。
さほど好きではないキャラなのですが(その割りに、いつもフリープレイしたらルートに入るww)、ときめきました。
危ないですね。
晋作ルートの龍馬の言動が可愛いいです。
神子が全く分かってないのにいろいろ深読みしてしまう龍馬さんが可愛いです。
あと、意外と晋作は豪胆ですね。

そんな感じです。
明日には晋作ルート終わりそうですね。
頑張ります。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/2512-06734f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

1ヶ月に描いたかず