FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

舞台遙かなる時空の中で5に行って来ました

今日が千秋楽だった遙か5の舞台に行って来ましたよ~
アニバで見て思わずチケットを購入し、日帰りで新宿まで行って来ました。
舞台が終わったのでネタバレ満載?で簡単な感想をお送りしたいと思います。
座席は6列目右端でした。



ゲームの流れはそのままで、時空を越える辺りもかなり作りこんであったなーという印象。
キャスト陣のゲーム再現率が高くてほんとに2次元のキャラが3次元になった、という感じでした。
立ち方や武器の構え方なんかもかなり研究されているようで、ほんとにゲームの雰囲気そのままでした。

ゲームである「用語解説」の代わり的な立ち位置の舞台オリジナルキャラがいい味出していました。
ちょっと出すぎ?とも思いましたが、もともと八葉自体はまとめて出てくるから出番が少なく感じるだけだし、きっとゲームをやってない人もいるだろうからあれくらい出てきて、今の状況を説明してくれないとついていけないかな、とあとで思いました。
コメディ担当みたいで面白かったです。

舞台はさほど広くないので、4人程度ならいいんですが、八葉が並ぶと絶対にかぶる人が出てきてしまい上手に座っていたため、最初のゆきを後ろから見つめる桜智のシーンが全く見えなくて、くすくす笑い声がしてきて違和感でした。
そのあと都が追いかけて行って「ああ、桜智が覗いているあのシーンか」となりましたが、内容を知らなくて同じ状況だったら分からなかったなーと。

殺陣のシーンでは3対3の戦闘が多くて、舞台の端から端まで移動していました。
やっぱり隠れてしまう時もありましたが、動きまわってくれていたおかげでさほど気にすることもなかったです。
動きが多いのがチナミで、武器の関係もあるのだとは思いますが、飛んだり跳ねたりほんとに戦っているようでした。
刀勢が多いのでなんとも言えませんが、遠距離武器であるアーネストと龍馬をうまく配置していたのがとっても印象的でした。
今回花道があって、下手よりに設置されたためあまり見えませんでしたが、戦闘シーンもうまく使っていて良かったと思いました。

戦闘シーンといえば、最初に龍馬が登場するところなんかはまさにゲームそのままで、きちんとスチルを見ていたのかなと思えるくらいにそっくりでした。
その後の銃を両脇にしまうところも龍馬そのままで、うるさいところ、騒がしいところもほんとに龍馬でした。
お嬢命すぎてかっこかわいかったです。
龍馬はコメディ担当だったようで、スポットライトが当たるたびに「ちゃらりーん」と音がしていました。
都「今の音は何だ?」
瞬「坂本の友好度が上がった音だ」
という会話があってとても面白かったです。
ほんと龍馬さん…!!!

高杉は登場シーンに三千世界の鴉を殺し、主と朝寝をしてみたい、だったかな。
それを歌いながらだったので、ああ、高杉だと実感しました。
陽炎戦の時に後ろから登場して、背後からとは卑怯だなwwwと思いましたが、登場と退場がいやにかっこ良すぎました。
マントを翻すところなんか、まさに高杉でしたね。
魔王というまでにはちょっと優しさがにじみ出てしまっていましたが、それは役者さんの人柄なのかなーとも。

主人公のゆきは、時空を越える前と越えたあとで差をきちんと出していたのが良かったです。
あれがゆきの覚悟なので、そこがぼんやりだったらどうしようかなーと思ったのですが杞憂で終わりました。
ゆきもあの空気の読めなさ加減といい、ぼんやりぐあいもゲームのままだったのでよかったです。
ちょっとどうかな?と見る前は思っていましたしね…

マコトさんが浄化されるシーンはもうちょい一声あってもよかったかな、と思いました。
チナミ、あっさりマコトさんと戦いすぎw
あそこはチナミが葛藤する部分なので時間ほしかったなーとか。
でも、舞台通してあそこが泣けるシーンでした。
ゲームで泣いたので、今日もうるっときてしまいました。

瞬はつねに出番があったのでこれといって大きな役割がなくてちょっと残念。
もうちょい、なんかなかったのかなぁ…
あまり動作がなくて「ああ、瞬兄だなぁ」とw
龍馬が無駄に動きが多いので対比できていてよかったですね。

桜智と帯刀に関しては私が行く前に行かれていた方が「白虎組は不用意に画面の中から出てこないでほしい」と言っていたのがよくわかりました。
慎ちゃんが無駄にためてしゃべるタイプだったと記憶しているのですが、舞台のご家老はばっさりしゃべっていて、時間の関係もあるんだろうかと物理的なことを考えましたが、うまく出ていて良かったと思います。
桜智は相変わらずの気持ち悪さでしたねーwww
あれでこそ桜智。
しゃべりかたもたけぽんそっくりw
「あぁ…」とかもね!!
作りこみ度が半端なかったと思いました。

私が行った公演のマルチシーン、お当番は帯刀でした。
このシーンはゲーム中で恋愛イベント?で使われていたものを持ってきたんだと思います。
2人きりになるシーンが少なかったので、すぐに「ああ、これがマルチだな」とわかりました。
これはいい機転だったと思います。
本命以外の人が見たら「うん…まあ、うん」というなんとも言えないコメントしか出ないようなものではなく、さっと入り込めるような作りになっていました。

エンディングも南光坊と対決するぞ!!!という意気込みのところで終わっていて、次に続きそうな感じがアメリカ映画っぽくていいまとめ方だったと思いました。
シナリオ自体も変に恋愛要素を絡めてきていませんでしたし、大団円ルートをやっているような感じでしたしね。
限られたキャスト、限られた時間のなかでうまくゲームを再現してくれていたと思いました。

まあ、わがままを言うのであれば、町中とか、二条城内とか門の前とか、ある程度場面が変わるときに周りに置いてあるものが少しでもいいから変わってくれればなーと思いました。
だって、セリフがないとどこの場所なんだかわからないんですもん。
場面転換をもうちょっと頑張って欲しかった!
あと、四神や四凶の時ももうちょっと映像使うなりなんなりしてくれてもよかったかな、と。
特に四凶が復活して現代の世界が崩壊する演出が良かっただけに残念でした。
フェンシングの戦い方もちょっとイマイチな気がしましたね。
刀じゃないんだからもうちょっと変えても良かったかな、と。
動きが刀と一緒でしたw


こんな感じでしょうか。
全体的にクオリティは高かったと思います。
要所要所でスチルの構図を取り入れていましたし。
シリアスな中にも笑いが入れてあるのがまさに人生のようでよかったのではないでしょうか。

唯一残念なのはチナミの良いシーンがだいたい上手か舞台中央で、ほぼ見えないというところ。
龍馬さんとかぶってて見えねぇwwww
とくにチナミは小柄なキャラですから長身の人たちに紛れすぎていましたw
気がつけば龍馬の思い出しか語ってないですが、遠路はるばる見に行ったかいがありました。
今度はもうちょっとイベント告知から上演までのスパンをあげて欲しいですね~
でないと遠征の調整が出来ないwww
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/3566-3d5495e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず