FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

うまくなったと錯覚する話

今、漫勉という過去に放送されたTV番組を見直しているのですが、すごく…こう、いろいろな発見が多いです。

マンガの専門学校にいくとたいてい教えられるようなことが、ほぼ実践されていなくて「あー、そんなふうにしてもいいんだー」と思わされます。
ほとんどアナログ作業なので、現状の私が真似をできる部分は多くはありませんが、驚きの連続です。
紙を回して描かない、とか。
つけペン必須じゃな、とか。
こういうペンを使いましょうとか、アタリをとってから描きましょうとか、それはもう学校ではいろいろ教えられるわけですが、アタリをとるとか取らないとかはまあともかく、ペンなんてなんでもいいですね。
ボールペンで描いてる人がいたり。
つけペンをほぼ使わない人もいたり。
紙を回して描いている人もいればそうじゃない人もいました。

学校ではある程度の最低限の基礎を教えてくれるだけで、それに縛られるものじゃないんだな、と発見できました。
紙を回すのは、人によって描きやすい方向の線があること、紙によって引きやすい方向があること、が理由のほとんどだと思われます。
デジタルでも画面を回すのはきれいに引ける線の方向に向ける意図が大きいと思います。
というか、私がまさにそうです。
右から左に抜ける線はきれいに書きにくかったり、横に引けないことが多いのですが、縦にはきれいに引けることが多いんですよね。
なので、画面はくるくる回します。
苦手な方向をそのまま書く必要性は感じないので…
でも、それが自分の絵の味ならそれはそれでアリだなと感じました。

動画を見ていると、すごくこだわって描いているところが多くて、同人でマンガを描いている身としてはすごく勉強になることが多いです。
すごいなーとかそういうのはもちろんですが、そんなことしていいんだ!とか。
動画を見ていると絵がうまくなったんじゃないかと錯覚します。
面白いですね。
実際うまくなっているかときかれたら、そんなわけはないんですけど(笑。
でも
「あ、うまくかけたかも!」
とか
「ここはこだわって書こう!」
と思えるようになったのは成長だと思いました。

やっぱり絵がうまく描けるようになるためには、描くしかないんだと思いました。
プロの漫画家さんでさえ
「もっとうまく描けるようになりたい」
と思っているんですよ。
その「うまく」が指している場所は純粋に画力だったり、感情表現だったりと様々ですが、私ももっとうまくなるために頑張って書こう!と思い直しました。

原稿中に見ているので、こだわって書き直しているところをみて、自分でも気に入らないところを書き直したり。
真似ばかりしています(笑。
おかげで原稿スピードはおそらく普段の1/3ですが、すごく勉強になっています。
恐ろしく筆が早い人はこうやってかいてるんだーとか。
横山光輝さんの絵をちょっと模写しようかなと思いました。
よくよく見たら、私が求めてる絵ってあそこなんじゃないの?と動画で気付かされました。
マンガを描いている割にあまりマンガを読む機会が少ないので、もっとマンガに触れよう!と思いました。

今日も原稿頑張るぞー!!!!!!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/5057-47e50f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず