FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

絵柄の話

今週金曜日は映画キングダムの地上波初放送ですね!!!
しかもノーカット!!!!!!!!!!
たぶん、放送枠が比較的ゆとりがあるからだと思いますが、ノーカットですよ!!!

私は映画館で見るのを忘れていたのでレンタルして一足先に鑑賞済みです!
めっちゃ面白かったです!!
たぶん、原作を好きな方に言わせれば拙いところもあるのだと思いますが、思ったより楽しめたのは事実です。

ちなみに私はキングダム、アニメは履修済みですが、原作は未履修です。


理由は「絵柄が苦手」だからです。


じゃあ、なんでアニメは大丈夫なんだよ(笑)と言われそうですが、アニメって自動なんですよ。
良くも悪くも自分の意志で進められるのはスタートボタンを押すまでです。
あとは自分の意志で止めない限り、ずっと1話が終わるまで流れ続けます。
コミックス(漫画)と違って、自発的に画面を見続けないと話が進まないというわけではありません。
ということは、話を知るためにアニメは画面を見なくてもいいんですよ。
極論です。
極論だけど、そうなんです。
私はアマゾンプライムで見ているので、最初に「再生」というボタンさえ押せば、あとは画面を見なくてもそのまま2話3話とはなしが進んでいきます。
そこに私の「絵柄が苦手だから話が進まない」という理屈はありません。
見なくても進んでいきますもの。


でも、画面を見なくても話がすべてわかるか、という疑問に対しては「NO」です。
戦闘シーンにしても、会話シーンにして、音声だけでは限界があります。
ですから、画面を全く見ないということはできません。
ただ、絵柄が苦手でも、ずーっっっっと見続けなければいけないコミックスよりも比較的ハードルは下がると思うんですよね。

それと、もう一つはアニメは原作漫画に比べて手癖が少ないということ。
これはどのアニメにでも言えることですが、手癖というのは作家さんの個性だと思っています。
だから絵柄が苦手だというのも仕方のないことです。

でも、アニメ化にあたって、100%作家さんの手癖を真似することはほぼ不可能でしょう。
動かしにくいということもあるかもしれませんが、1つの作品に対して、絵を書く人は複数人存在するため、作家さんの手癖を100%真似していたら時間も余裕もありません。
だからこそ、できるだけ平均化した状態にする必要があると思うんですよね。
そういうのもあって、アニメになると作家さんの手癖が少しまろやかになる傾向が強いです。
「弱虫ペダル」や「鬼滅の刃」もおそらくそうだと思います。

私は先に上げたキングダムもそうですが、先程あげた2作品もすべてアニメのみです。
漫画は読んでいません。
絵柄が苦手だからです。
アニメだと手癖が弱まるし、アニメにはアニメの、漫画には漫画の演出方法があり、それを重要視しして描かれることのほうが多いので手癖も見え方が変わってくるんですよね。
でも、言っても作家さんの個性を100%消したら、それはただの名前が同じの別作品になるわけで。
アニメになっても絵柄が苦手だなとは思います。

そこへ、最初に言った「画面を見なくても話が進む」というアニメの特性が乗っかると、不思議なことに見るハードルが下がるんですよね。
少なくとも私個人として、ですが。
そういうこともあり、最近は絵柄が苦手な作品でもアニメだったら大丈夫、とか、アニメは見る、ということができるようになり、作品の幅広さなんかも知ることができるようになってきました。

「絵柄が苦手」というのは、最小に見えて最大の難関です。
話が面白いと言われてもとっつきにくいのは事実ですが、面白いと思える作品との機会を増やしてくれるのがアニメ化という存在ではないかと思います。


何故、こんな話を日記に書こうと思ったのかというと、先日「絵が下手と言われる作家の多くは手癖が強いだけで下手ではない」みたいな記事を読んだからです。
確かに、まっすぐに引く線をまっすぐではなく多少揺らいで引いてある絵を見て、「下手だな」と思うことはあると思います。
それはそれで事実だと思うんですよね。
何故かというと、下手な人はまっすぐに引けないからです。
絵を描くことが苦手、もしくは描けない人はその事実を知っているからこそ、
「自分と同じような線を書いているんだから下手だ」
という認識になるのはあながち間違いではありません。

線をフリーハンドでまっすぐに描くのは至難の業で、先天的な能力があるか、必死に練習したかのどちらかでしょう。たぶん。
プロの作家の多くは「そのほうが話にあっている」というような理由があり、あえてそのように演出していることのほうが多いと思うんです。
わかってやっているんですよね。
演出ですから。

それに、読み手の多くは多分、漫画を読んでいるときそこまで見てないと思うんですよね。
見てわかる絵で判断してしまうのは仕方ないのかもしれません。
構図がーとか、コマ割りがーなんて考えながら読んでないですよ(笑。
そういうのを気にする人はおそらく描く側の人間です。


絵を描く側の私から言えることがあるとすれば、一般的に言われる「絵が下手」は100%、そのままの意味ではないということ。
「絵柄は作家の個性だから、苦手だから読まない」のはアリだということ。
そして「自分が苦手だと思う絵でも、読んでみたら気にならないくらい面白い作品はある」ということです。

絵が苦手なんだもん、しょうがないですよね!!!

でも、それをなしにできるくらい、キングダムは面白いので、まずは今週金曜日の劇場版キングダムを見てほしいです。
なかなかうまくまとまっていると思いました!!!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/5622-fedaf2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

1ヶ月に描いたかず