FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

遙かなる時空の中で3 紅の月

みました。紅の月。
まず、作画の観点から言うとOPがいけてない。
何故全裸?
謎過ぎます。
何故か全員服を着てない。
不思議な現象です。
不思議すぎて笑いがこみ上げてきました。
アニメーションの絵としてはゲームの時よりも期待できます。
流石に舞一夜のメンバーで作画をしているだけあって画面もきれいで見やすい。

話の展開としてはあまり無理がないように作られていました。
続きはゲームで!みたいな(笑。
すっごいいいところで終わりましたからね。
1時間と言う枠の中でうまいこともってきたな、と思いました。
音楽はねぇ。
やはりいい!
始めは買うつもりはなかったのですがサントラを買おうかと思います。
舞一夜のときも音楽がよくてサントラを買ったのですが。
今回も舞一夜と同じくして出来がよかったです。
オルゴールの音色が若干違う気もしないでもないですが雰囲気にとてもよく合っていたのではないでしょうか。
あ。エンディングは珍しく将臣のキャラソンでした。
久しぶりに歌ってくれましたね。
まあ、将臣×望美の話なので彼がうたわなければ意味がいないよなーと(笑。
総合としては期待していただけあってよかったのではないでしょうか。
OPだけいけてなかったけど。
それさえ我慢できるならよかったと思います。

ストーリー的にはゲームとは若干違いますが大きな流れは一緒。
舞台は熊野からでした。
無理がないように、と言うのもあって最初から始まるわけではないのでこれまたファンではないと見ても全然面白くありません。
まあ、全体的にシリアスな内容でしたね。
でも、何故か笑いがこみ上げてくる不思議遙かマジック。
どシリアスな場面でも「弁慶!!(大爆笑」みたいな?
とりあえず、3では九郎ファーストなので九郎の活躍が多くてよかったです。
残念なのは敦盛とかリズ先生の玄武組の活躍があまりなかった。
先生……だし。
まあ、ここはあえて伏せておきましょう。ネタばれだし。
将臣と望美の対立の場面では思わず涙ぐむ人もいたのではないでしょうか。
結構感動ものでしたよ。
私はキッズステーションが写らないのでこっそりニコニコで見ましたがDVDは買おうかな、と思います。
人によっては好きではないかもしれないので微妙なライン。
舞一夜のときほど満遍なく八葉の活躍が描かれているわけではないのでその辺はわかって買うしかありませんねぇ。
将臣が前に出てきているので将臣が好きな人なら買ってみてもいいかもしれません。

年末です。

年末ですね。
季節感は全然ありませんが掃除は一応しました。
でも、全然かわらないんだよなぁ。
今日、キャスター?の付いた台がきたので1番下の段にPS3、2段目にPS2、1番上に私の画材を置いています。
今はコタツがあるのであまり重宝していませんが夏とかは掃除がしやすくなってよさそうです。

今日はサイト用に年賀イラストの線画処理をしました。
間に合うといいな。
年明けの更新でウェブ拍手をなくします。
結構便利で拍手を送ってくださったりするとうれしいのですが、なにぶんイラストを描くのがものすごく遅いので拍手用とサイト用と2つやっていると身が持たない……。
4月くらいまでは更新も隔週やら月1になると思われます。
ブログだけは毎日更新予定ですけども。
ちょっとオフではものすごく日々の時間のやりくりに必死なのですよ。
遊びにもいけない(笑。
でも、頑張ります。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mpf2006.blog62.fc2.com/tb.php/579-d6d39a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カテゴリー

舞台参加予定

即売会参加予定

声優名愛称*敬称略*

1ヶ月に描いたかず